健康診断

疾病の早期発見・早期治療のためにも、年に一度必ず健康診断を受けましょう!

がん、脳卒中、糖尿病などの生活習慣病は、自覚症状を伴わないことが多いため、気づいたときにはかなり進行しているケースが多く見られますが、健診を毎年受けることで、こうした疾病の早期発見が期待できます。また、検査結果の数値の動きから日頃の生活習慣を見直す機会が持てるよう、当組合では健診の受診を積極的に支援しています。

基本健診

申込受付期間 平成30年3月19日から平成31年3月15日まで
受  診  期  間 平成30年4月1日から平成31年3月31日までの期間内で1回(退職日(資格喪失日の前日)まで)

検査項目一覧

健診の種類 対象者(当該年度末日現在の年齢) 費用負担
人間ドック
(日帰り・特定健診含む)
40歳以上の被保険者・被扶養者 自己負担なし
生活習慣病健診
(特定健診含む)
30歳以上の被保険者・被扶養者 自己負担なし
若年健診 30歳未満の被保険者・配偶者 自己負担なし
  • ※「人間ドック」「生活習慣病健診」受診者に加え、「若年健診」受診者も、 希望により「子宮がん検査」と「乳がん検査(乳房超音波、マンモグラフィー)」を受診することができます。
  • ※「生活習慣病健診」受診者は、希望により「胃部X線検査」または「胃部内視鏡検査」を受診することができます。なお「胃部内視鏡検査」を希望した場合、X線検査と内視鏡検査の費用差額が自己負担となります。
  • ※ 受診者(30歳から39歳の被保険者・被扶養者)は、希望によりカフェテリアポイント15,000ポイントの利用で、「人間ドック」が受診可能です。
  • ※ カフェテリアポイントの利用で聖路加国際病院の人間ドックが受診可能です。
     30歳~39歳の方…30,000ポイント
     40歳以上の方…15,000ポイント
  • ※ 健診予約システムで予約可能なオプション項目については、表示されているカフェテリアポイント利用で受診が可能です。
  • ※ 年齢基準日は平成31年3月31日です。

オプション検診

健診の種類 対象者 費用負担
子宮がん検査 30歳以上の被保険者・被扶養者。
なお、30歳未満は配偶者のみ
自己負担なし
乳がん検査
(乳房超音波検査・マンモグラフィー 両方受診可)
30歳以上の被保険者・被扶養者。
なお、30歳未満は配偶者のみ
自己負担なし
胃部X線検査/胃部内視鏡検査 生活習慣病健診の受診者
  • X線検査は自己負担なし
  • 内視鏡検査の場合、X線検査による差額は自己負担
節目検診(脳ドック) 35歳~39歳/40歳~44歳の被保険者
  • ※各年齢層で一度ずつ受診可能
    実施医療機関はこちら
15,000ポイント
  • ※その他のオプション検査(CT、MRI、MRA、骨密度、腫瘍マーカー検査など)についてはカフェテリアポイントを利用して受診することが可能です。
  • ※事前に申請した場合カフェテリアポイントの利用が可能ですが、検査当日に追加する場合は全額自己負担となります。

健診機関

契約医療機関一覧

最新の契約医療機関一覧は「健診予約システム」にてご確認ください。

契約医療機関での受診を原則といたします。
当組合では、みなさまの疾病予防のため各種健診について契約医療機関と検査項目などを取り決めて行っておりますので、契約医療機関から選択して受診してください。
ただし、地方都市在住被扶養者の方など契約医療機関での受診が困難な場合に限り、下記を限度に健保が負担しますので、受診前に当組合にお問い合わせください。

健診の種類 健保負担限度額
人間ドック 48,600円まで
生活習慣病健診 27,000円まで
若年健診 10,800円まで

受診結果の事業主提出について

被保険者の方は法定健診項目の結果を事業主・産業医に提出することについて承諾・同意を頂きます。

申込方法

  1. STEP1受診する医療機関を決める
    契約医療機関を照会し、受診したい医療機関を選択する。
  2. STEP2受診の予約・申込み

    電話予約

    医療機関に電話し、受診を予約する
    健診予約システムにログインし「電話予約」をクリック。電話で予約した内容を申込入力。
    電話予約/申込入力

    インターネット予約(24時間OK)

    健診予約システムにログインし「インターネット予約」をクリック。予約内容を入力。
    インターネット予約/申込入力
  3. STEP3「受診承認書」を受けとる
    受診予約データが登録された後、「健康診断受診承認書」がFAXまたはE-mailで(株)バリューHR(業務委託先)から送付される。
    送付元メールアドレス vc-support@apap.jp
  4. STEP4医療機関から、検査キット等案内が送付される
  5. STEP5受診
    受診当日は、次のものを持参する。
    ●保険証 ●健康診断受診承認書 ●健診機関から送付された検体容器・問診票等
  6. STEP6医療機関から結果票が届く
    二次検査(再検査)は保険診療です。
    窓口にて自己負担額(3割負担)をお支払いください。

健診申込(予約)の変更・キャンセル方法

予約者本人が直接医療機関へ電話連絡する。その後、結果を健診手続担当(バリューHRカスタマーサービス〔下記参照〕)へ電話、もしくはメールで報告してください。

予約の変更・キャンセルに伴い、「健診予約システム」への手続きが必要な場合があります。健診手続担当(バリューHRカスタマーサービス)へご確認ください。

日時、健診コース・内容の変更の場合 予約者本人によるシステム再入力は不要です。
健診手続担当(バリューHRカスタマーサービス)が代行します。
医療機関の変更・キャンセルの場合 健診手続担当(バリューHRカスタマーサービス)がキャンセル処理をしますので、案内に従いもう一度、最初から健診予約の手続きを行ってください。

ページ先頭へ戻る